まずは気軽に相談
オンライン対応可

LGBTなど多様性にフレンドリーな就労移行

障害や疾患がある

LGBTなど多様性を大切にしたい

ダブルマイノリティなどの複合マイノリティである

自分らしい働き方を探したい

そんなあなたの就職を応援します!

4つの特長

ダイバーシティキャリアは、
あなたの「自分らしい生き方・働き方」を応援します。


プログラム例

自分らしい生き方・働き方へ一歩踏み出すため、
さまざまなプログラムがあります。


  • 1日の流れ

    あなたらしい利用の方法をともに考えましょう。
    通所をしないで、オンラインで利用することもできます。


    スタッフ

    キャリアコンサルタント、精神保健福祉士、医療ワーカーなど
    幅広い専門家が集結し、あなたの就活を応援します。


    ご利用までの流れ

    まずは、雰囲気を体験しませんか?
    体験するか迷っている方も、気軽にお問い合わせください。
    オンライン相談もできます。


    センター紹介

    ダイバーシティキャリア 
    新宿センター


    ダイバーシティキャリア 新宿センター

    ※事業所イメージ
    住所 東京都内
    開所 2021年秋・冬(予定)
    時間 平日9:00~18:00
    (訓練時間は10:00~15:00)
    電話 080-4950-6263
    対象者 精神・発達障害、後天性免疫不全症候群(HIV)など、障害や疾患がある方。
    障害以外もマイノリティ性がある「複合的マイノリティ」の方も歓迎です。

    就労移行支援事業とは?

    ダイバーシティキャリアは、「就労移行支援」という
    障害福祉サービスの枠組みを利用して、サービスを提供しています。
    以下では、「就労移行支援」がどのような制度なのか、
    簡単にご紹介します。


    就労移行支援事業とは

    「就労移行支援」とは、一般企業での就職や仕事で独立することを目指す障害者の方の、本人に合った職場への就職・定着を目的として行われる、障害福祉サービスの1つです。

    就労移行支援事業の特徴

    1. 就労を希望する65歳未満の障害者の方が対象となります(注)
    2. 利用料金は所得に応じて上限が設けられています
    3. 利用可能期間は、原則として、最長24か月となります

    (注)個々の障害のある人々の障害程度や勘案すべき事項を踏まえ、皆様がお住まいの各地区町村にて、個別に利用の可否が判断されます。
    出典:厚生労働省 障害福祉サービスについて

    料金

    就労移行支援の利用料金は、所得に応じて次の4区分の負担上限月額が設定されています。
    ひと月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。
    約9割の人が、無料(0円)で利用されています。

    区分 世帯の収入状況 負担上限月額
    生活保護 生活保護受給世帯 0円
    低所得 市町村民税非課税世帯(注1) 0円
    一般1

    市町村民税課税世帯(所得割16万円(注2)未満)

    ※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者を除きます(注3)

    9,300円
    一般2 上記以外 37,200円

    注1)3人世帯で障害者基礎年金1級需給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。

    注2)収入が概ね600万以下の世帯が対象になります。

    注3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。

    出典:厚生労働省 障害者の利用者負担

    EVENT


    MOVIE


    よくある質問

    対象について


    企業等への就職を希望する方を対象にしています。
    なお、ダイバーシティキャリアは、障害福祉の制度で運用しているため、制度上の条件があります。
    お住まいの市区町村によって判断が異なる場合があるため、まずはご本人の状況をスタッフが伺って、お住まいの市区町村へご連絡することも可能です。

    医師の診断や定期的な通院があれば、障害者手帳をお持ちでない方でも、自治体の判断により利用可能な場合があります。
    まずはこちらよりお問い合わせください。

    国の規定上、ダイバーシティキャリア(東京都新宿区)へ通所可能な範囲にお住まいであれば(またはこれからお住まいの予定であれば)、東京都以外に在住でもご利用いただけます。



    利用について


    お気軽にお電話(080-4950-6263)、もしくはこちらフォームよりお問い合わせください。

    利用期間は個人により差があります。
    原則最長2年ですが、自治体より必要性が認められると、更に最大1年間延長されることがあります。
    ダイバーシティキャリアでは、3ヶ月から1年半程度の利用を想定しています。
    利用期間につきましては、それぞれの利用者の方に合わせたプランをご提案しながら、相談させていただきます。

    国の規定上、コロナ禍において、在宅(オンライン)での利用が緩和されました。
    状況に応じて、オンラインでの利用ができます。

    まずは気軽に相談
    オンライン対応可

    LINEで無料相談する

    LINEアプリが起動します
    Translate »